非常に面倒な不用品回収の手続き

私の住んでいる市では粗大ごみの回収が非常に面倒な手続きが必要となります。まず回収するにあたって、不用品回収なら神戸のどこでもいいかといえば市の専門ダイヤルに電話をして回収する粗大ごみの詳細を伝えなければいけません。縦横の幅、電化製品であるかの是非、重さに至るまで事細かに聞かれます。そしてその対象物に対してどのような方法で集積されるかの説明をされます。私の場合電子レンジでしたので、雨などで電子部品がショートして火災を招く可能性があるという事を言われ、しっかりと市指定の粗大ごみ用のごみ袋で覆うように指示がありました。そして粗大ごみの一番見えやすい位置に市指定のシールを張る必要があります。そのシールはコンビニや指定のドラックストア等で購入する事が出来、粗大ごみの大きさや重さ、種類によって市より指定された300円以上の値段で購入し貼り付けておく必要があります。神戸で麻酔を使った胃カメラ検査を行うにはここが完了したらようやく回収となるのですが、回収してくれるのは月に1度そして朝の8時までという非常に限定された日時指定になるため、その日取りを逃すとさらに一か月待たなければならなくなります。不法投棄や不法廃材処理業者が社会問題となっている為、このような厳しい制限やルールを設けるのは仕方のない事だとは思いますが、この非常に細かいルールによって無料ですぐに行える不法な方法に逃げている場合もあると思いますので、面倒すぎるのもまた難点だと思いました。