流しの不用品回収悪徳業者

もうずいぶん前のことになりますが、兵庫でも不用品回収となると神戸での業者はちょうど通りかかった流しの不用品回収業者にアナログテレビ受像機の処分を依頼したことがあります。 当時はこうした回収業者には不法投棄を行なう悪徳業者がいるとの認識がなく、「有償で引き取る」という甘言にだまされてつい呼び止めてしまいました。 しかし実際にテレビを持っておりたところ、これは値が付かない、本来なら引き取り手数料をもらわなければ割が合わないのだがタダで良ければ持って行ってやっても良い、といったように大層高飛車な態度を取ってきました。 腹が立ちましたが不用品を抱えて面倒な気持ちが先に立ち、相手の言う通り無料で引き取らせることにしました。 しかし後になって不思議に思いました。 神戸の不用品回収業者はここ以外にはとっても商品価値がない機器とはいえ、中には貴金属部品なども含まれているはずです。 本当に価値がないのであれば、この連中は一体何のために日がな一日住宅街を車で回って家電製品を集めているのでしょう。 その理由はしばらくして明らかになりました。 同じような「不用品回収」を行なう業者が検挙され、金になるパーツを抜き出した後の機器を山の中に不法投棄していたのです。 私はこれを知って後悔しました。 自分も知らないうちに悪徳業者の違法行為を助長していたかもしれないからです。 ゴミ屋敷なんて片付けして清掃すればいいと神戸でそれ以来2度と流しの回収業者を使うことはしていませんが、彼らは相変わらず何の規制も受けず、朝から晩までスピーカーで騒音をまき散らしながら住宅街を走り続けています。