粗大ゴミと不用品回収における見解

粗大ゴミと不用品回収の処分に困り果ててる人は多いです。私は去年、父を亡くしたのですが、父が残した膨大な遺品の処理に困惑しました。どうして西宮市の不用品回収をその中からリサイクルショップで売れるものと完全なゴミに分けて少しずつ処理しました。広告で無料で鉄くずを引き取ってくれる業者を見つけて、4トントラックで回収に来てもらったりしました。母と妻と少しずつ処分し、数か月の年月をかけて先日、終了しました。清掃でゴミ屋敷の片付けを神戸のどこからでもいいと車に不用品を載せて、清掃センターに何度持って行ったか分かりません。最近は粗大ゴミシールを買って自治体に電話し、家の前まで回収に来てくれるシステムもありますが、私はゴミはすぐに捨てたい派なのですぐに清掃センターに自力で運びました。ここ数年でゴミの分別も広く分けられてるのできちんと確認してからゴミを処理しなくてはなりません。家電リサイクル法対象品目以外は特に注意が必要で、自治体から配られるゴミ分別表をよく確認する必要があります。神戸でもここは不用品回収に限らずとも不用品に関して一番考えるのは自分が死んだ時です。故人が残したゴミが大量の場合、多くの家族は困り果ててしまいます。つまり人は常に死を覚悟して、メディカルゲートおすすめするクリニックには死んでも残された家族に迷惑かけないように生きるべきだと思います。